ANNIVERSARY 刻印&誕生石

普段のお手入れ、どんなことをすればいいの?

CARING FOR JEWELRY

ジュエリーのお手入れ

リング

「大切なリングだから、いつまでもキレイに輝いていてほしい。
でも、使っているうちになんだか輝きが無くなってきたような気がするけど、どうしたら良いのか分からなくて・・・」
という、お声をよく聞きます。
実は、普段の簡単なお手入れひとつでキレイな輝きは取り戻すことができます。

1 お手入れの基本

素材にかかわらず、乾いたやわらかい布で汗や皮脂汚れを拭き取るのが普段のお手入れの基本です。特にダイヤモンドは油分となじみやすいため、手で触れるだけで皮脂を吸着します。拭き取りを怠ると表面の油膜で輝きが失われ曇ったように見えますが、ほとんどの場合、表面に付着した汚れをこまめに拭き取ることでもとの輝きは戻ります。

2 汚れがひどいとき

汚れが気になる場合は、中性洗剤やジュエリークリーナーを使ってご自宅で簡単に水洗いしてください。

小さめのボールにぬるま湯を張り、台所用の中性洗剤を1、2滴溶かしてリングを数分間浸し汚れを浮かせます。汚れが浮いてきたら綿棒ややわらかい布などで軽くこすり、細部の汚れを落としましょう。そのあと十分に流水ですすぎ、やわらかい布で水分を拭き取り乾かしてください。

細かいデザインが施されたものは、擦りすぎてしまうと宝石を留めている爪が緩んでしまい石落ちの原因になりますのでショップで超音波洗浄をしましょう。(無料アフターサービス)

3 保存方法は?

ダイヤモンドは硬い物質のため、他のジュエリーに傷をつけたりダイヤモンド同士で傷つけ合ってしまいます。
他のジュエリーと接触しないように、個別に保管してください。

ジュエリーはとても繊細なものです。
毎日の水仕事や入浴などの際は、本来は指輪を外すことがお薦めなのですが、結婚指輪などはそのまま使用してしまう方がほとんどです。

毎日着けているものなので、使えば使うほど汚れが発生し、ダイヤモンドの裏側に水垢がたまり、もとの輝きも失われていきます。

普段のお手入れを心掛け、しっかりとケアすることで、はじめてリングを着けた日と同じ輝きをいつまでも保ちつづけてください。

リングケア